Vol.32 【MEMBERS VOICE】Vol.1 技術二部神戸チーム:吉田圭祐です。

【MEMBERS VOICE】Vol.1 技術二部神戸チーム:吉田圭祐です。

本日より、オリックス・レンテックのサービスを支えるメンバーを適時ご紹介して参りたいと思います。第一回目は、神戸技術センターで、主にIT機器の受注・出荷検査を担当している、吉田 圭祐(よしだ けいすけ)です。お客さまの具体的なご要望を確認し、IT機器の設定を行う現場への指示をする重要な役割を担っています。吉田が業務を遂行するうえで、重要視していること、仕事に対する姿勢など、ぜひ本人のメッセージをご覧ください。

■吉田 圭祐より

お客さまの話を「とことん聞く姿勢」を大切にしています。
やりがいと達成感は、お客さまからの「ありがとう」です。

【MEMBERS VOICE】Vol.1 技術二部神戸チーム:吉田圭祐です。

------------------------------
IT機器の受注と納品において最も大切にしていることは、「お客さまの話をとことん聞く姿勢」です。IT機器のスペックや必要なソフトだけでなく、お客さまが“本当に求めていること”をしっかりと理解・確認することに、細心の注意を払っています。そこがぶれていると、お客さまのニーズに最適にお応えできていない状態で納品してしまったり、本来不要だった工数が後から必要になり、納期にも影響を与えてしまうからです。
製造業、金融業、サービス業、運輸業など、業種・業態もさまざまなら、ご連絡をいただくお客さまの知識レベルもさまざまです。特に専門性の高い機器を求められるお客さまの中には、高い知識を有している方もいらっしゃいますので、一つ一つの案件から「学ぶ」姿勢を大切にしています。
社内で用意している「チェックリスト」と合わせて、各案件で得た新たな気づきや課題を適時まとめた「自分チェックリスト」も用意し、しっかり振り返ってインプットすること、またそれを社内で共有することも重要です。そのことが社内のチームワーク強化にもつながって行くと考えています。
この仕事でやりがいと達成感を感じる瞬間は、何よりもお客さまが本当に求めている製品を、しっかりと納期内に納品すること。そして、それができた時にお客さまからいただく「ありがとう」の一言です。これからもオリックス・レンテックが掲げる、「品質最優先」を重視して取り組んで行きたいと思います。
------------------------------

ページトップへ