Vol.52 【MEMBERS VOICE】Vol.3 神戸試験センター 受託試験部:奥野 耕広です。

【MEMBERS VOICE】Vol.3 神戸試験センター 受託試験部:奥野 耕広です。

オリックス・レンテックのサービスを支えているメンバーを紹介する「MEMBERS VOICE」。第三回目は、神戸試験センター 受託試験部で活躍する、奥野 耕広(おくの たかひろ)です。
奥野が担当する「受託試験」は、お客さまが研究開発をされているさまざまな製品や機器の環境試験をメインに、電気自動車や携帯電話などに搭載されるバッテリーなどの充放電試験も行っています。仕事に対して常に謙虚な姿勢を持ち、また笑顔を絶やさない奥野のメッセージをぜひご覧ください。

■奥野 耕広より
------------------------------
私たちが行っている「受託試験」は、お客さまからお預かりした製品や機器を、地球上で起こり得るさまざまな環境に合わせてテストを行い、そのデータを収集・納品することです。例えば、自動車の基幹部分に使用するパーツであれば、低温から高温まで環境変化を行える試験設備を使用し、急激な温度変化や、緩やかな温度変化により、試験品がどのように劣化するのかを確認する試験を行います。

【MEMBERS VOICE】Vol.3 神戸試験センター 受託試験部:奥野 耕広です。

この業務を遂行するうえで心がけていることは大きく二つです。
一つ目は、お客さまからお預かりした製品や機器をとにかく丁寧に扱うこと。
二つ目は、試験対象ごとに設定した条件・期間で、間違いなく試験を行うことです。
「試験プログラム設定」→「プログラム内容のチェック」→「試験装置起動」→「設定した期間で試験」→「試験終了」→「データ収集・納品」といった流れで進みますが、どの工程においても常に複数の目で細心の注意を払うことが重要です。

前職を含め、「試験・計測業務」に携わって26年が経ちました。携帯電話からロケットの部品にいたるまでさまざまな分野の試験を経験してきましたが、一つ一つの試験に新たな発見があり、自らのスキルにも繋がる、とてもやりがいのある仕事です。
オリックス・レンテックは計測器や分析機器、IT機器のレンタルサービスを中心にお客さまのビジネスサポートを行っている会社ですが、最新の環境試験設備とスペースを確保した「受託試験」サービスにおいても、今後多くのお客さまのお役に立ちたいと思います。
------------------------------

ページトップへ