Vol.50 【最新医療機器の実力とは!?】

【最新医療機器の実力とは!?】

3月下旬のポストで、医療分野におけるレンタルサービスの概要をお伝えしましたが、今日はさまざまな種類の「医療機器」の中から、私たちの生活と比較的身近にある機器とその実力についてご紹介します。

■ポケットサイズのエコー 
「聴診器のように使えるエコー」というコンセプトで開発された、GEヘルスケア・ジャパン株式会社の汎用超音波画像診断装置(Vscan)は、436gという軽さとポケットサイズのコンパクトなボディながら、これまでの問診・触診・聴診に加え、超音波診断を、親指一本の操作で簡単に行うことができます。
深部を観察できる電子セクタ探触子と、浅部を観察できる高周波リニア探触子の2つを切り替えることでより広い領域で使用することが可能で、多岐にわたる診療科のニーズに対応しています。

医療技術はまさに日進月歩であり、医療機器においても、メーカー様と医師が密接に連携しながらさまざまな開発が進んでいる分野です。今後も医療のさまざまな場面で活躍する「医療機器」を適時、ご紹介して参ります。

ページトップへ