Vol.81 【最新産業用ロボットの実力 - ファナック製「CR-35iA」 -】

【最新産業用ロボットの実力 - ファナック製「CR-35iA」 -】

ご紹介の写真は、日本の産業用ロボット大手ファナック社が開発した、世界初となる35kgの高可搬タイプ協働ロボット「CR-35iA」です。当ページのカバー画像にもなっているABB社の「YuMi」・UNIVERSAL ROBOTS社の「UR シリーズ」と同様、安全棚無しで人と協働することが可能です。
これまでの製造現場では、「ロボット化」が難しい作業は“人のみ”で行う必要がありましたが、協働ロボットの登場により、人はロボットに手助けをしてもらいながら作業することができるため、製造業を中心にさまざまな業種で、生産の効率化・省人化にも役立っています。

【最新産業用ロボットの実力 - ファナック製「CR-35iA」 -】

「CR-35iA」は、ファナックが独自に開発した安全機能により、人に触れると安全に停止する他、ボディは安心感のある緑のソフトカバーで覆われており、万一接触をしても衝撃が和らいで、センサ・ソフトにより人の挟み込みも防ぎます。こちらの安全機能は、第3者認定機関により、国際規格 ISO10218-1適合の安全認証を取得済みです(JIS B8433-1と同等の内容)。人の作業エリアを妨げることなく、より広い作業空間を確保することが可能でます。
東京技術センター(東京都町田市)内の、ロボットショールーム「Tokyo Robot Lab.」でも展示しており、6カ月のお試しレンタルパックもご利用できますので、ご興味をお持ちの方はお問合せください。

■次世代ロボットレンタルサービスの「RoboRen(ロボレン)」で、適時レンタル可能です。ご検討の際にはお気軽にぜひお問い合わせください。
http://www.orixrentec.jp/roboren/product/industrial_robot/cr_35ia.html

ページトップへ