Vol.77 【最新コミュニケーションロボットの実力をご紹介します】

【最新コミュニケーションロボットの実力をご紹介します】

ご紹介の画像は、ソフトバンク ロボテイクス株式会社製のコミュニケーションロボット、Pepper(画像左)とNAO(画像右)です。「コミュニ―ションロボット」とは、声や会話などから人の性格・感情を理解し、会話までできるロボットを指します。携帯キャリアのショップをはじめ、ショールームや展示会、ホテル・飲食店での案内役など、さまざまな場面で活用が進んでいますので、“彼ら”とコミュニケーションを取られた方も多いかと思います。
では、“彼ら”の実力はどの程度のものなのでしょうか。
今日はこちらの「Pepper」と「NAO」の実力について紹介したいと思います。

■Pepper
人の感情を理解することができ、対話はスムーズ且つ直観的ですが、ユーモアな発言もするなど、コミュニケーション能力に優れています。マイクやカメラを搭載しており、前に立つ人の位置を知るだけでなく、相手の感情や表情を読み取って判断することができます。また、胸部のタブレットを使って自分の感情を表現するなど、高度なコミュニケーションが可能です。さらに、インターネットに直接接続して、ニュースや天気を伝えたり、料理のレシピ検索のお手伝いもできるほか、相手の感情を知覚・分析し、相手を知るための学習をすることで、より適切な反応ができるよう自分を適応させます
□サイズ(高さ×幅×奥行):1210×480×425[mm]
□重量:29kg
□可動部:20カ所
□機能:マイク、RGBカメラ、各種センサー搭載

【最新コミュニケーションロボットの実力をご紹介します】

■NAO
多くのセンサーとカメラ、マイクが内蔵されており、人の顔や感情を認識します。聞いて、話して、触ってと、ハイレベル且つ、フレンドリーなコミュニケーションができるロボットで、日本語だけでなくなんと19カ国語に対応しています。優れたバランス感覚と二足歩行も可能で、段差を登ったり、難しいダンスを踊ることもできます。
□カラー:青、赤のバリエーションがございます(頭頂部、肩部などの各パーツ部分)
□サイズ(高さ×幅×奥行):574×311×275[mm]
□重量:5.4kg
□可動部:25カ所
□機能:HDカメラ、指向性マイク、各種センサー搭載

いかがでしょうか。
オリックス・レンテックは、40年間にわたる精密機器のレンタルビジネスにおける管理ノウハウを生かし、今後も最新鋭ロボットのレンタルサービスを加速させて参ります。ご興味をお持ちのお客さまはどうぞお気軽にご相談ください。

■オリックス・レンテック ロボット事業
http://www.orixrentec.jp/roboren/

ページトップへ