Vol.199 走行中にヘルメット内で「速度メーター」や「GPS情報」「受信メール」の確認可能!

走行中にヘルメット内で「速度メーター」や「GPS情報」「受信メール」の確認可能!

JDIが革新的な「HUD搭載スマートヘルメット」のコンセプトを発表。

小型・中型の液晶ディスプレイで世界シェアNo.1の実績を持つ、JDI(株式会社ジャパンディスプレイ)が発表した「HUD搭載スマートヘルメット」は、ウェアラブル端末としても“最先端”と言えそうです。
身体に装着するだけで、スマートフォンやタブレット端末の情報を確認・管理が可能な「スマートウォッチ」。睡眠時間・歩数・運動量・消費カロリー、高度なものになると、血圧や心拍数の測定までが可能な「クリップ型」の健康管理端末。さらに、現実世界に仮想世界をプラスした拡張現実技術(AR)を搭載し、視界に映る映像にルートナビゲーションや、センサーで集めた情報を表示させ、作業効率を上げる機能を搭載した「メガネ型」端末など、「ウェアラブル端末」はさまざまな場面でその利便性やユニークな体験が支持され、活用シーンが広がりを見せています。

今回JDIが発表した、コンセプト名“スパルタ”と名付けられた「HUD(ヘッド・アップ・ディスプレイ)搭載スマートヘルメット」は、オートバイで走行中に速度メーターや、GPS情報、電話・メールの着信情報などをシールドの内側に投影することができます。この技術はJDIが開発した車載HUDに採用されているユニットを小型化することで実現しました。ライダーは前を向いたまま、視線を変えることなく走行に必要な情報、目的地に辿り着くまでに必要な情報を確認することができるため、安全性と利便性の両方が確保されています。

走行中にヘルメット内で「速度メーター」や「GPS情報」「受信メール」の確認可能!

JDIでは「HUD搭載スマートヘルメット」の発表に先駆けて、高透過透明カラーディスプレイをヘルメットに装着した走行実験を、アジア最高峰の自動車レース「スーパーフォーミュラ」に参戦する、「DANDELION RACING(ダンディライアン レーシング)」とともに、今年7月に実施しました。JDI独自の技術で実現した透過率80%の高透過・透明カラーディスプレイをヘルメットのシールドに重ねて装着。走行中に確認が必要となる温度、燃費などの車両情報を透明ディスプレイに表示し、レースでの実装を想定したテスト走行を富士スピードウェイで行いました。こうした透明ディスプレイを活用した実走実験は、世界初の試みだそうです。

「HUD搭載スマートヘルメット」の今後の展開としてJDIは、「オートバイやモータースポーツを始め、サバイバルゲーム、また建設現場、警備など」に活用が期待されるだけでなく、「ウィンタースポーツ、スカイダイビング、自転車などでも、これまでにない新しい楽しみ方や体験を生み出して行く」としています。

またJDIは、2020年に次世代通信システム「5G」の商用化がはじまることにふれ、「毎日の生活でふれる機器すべてのIoT化がすすむ」と予測しています。新たに企業理念を「今までにない発想と、限りない技術の追求をもって、人々が躍動する世界を想像し続ける」と定め、4月に「JDI Future Trip Project」を発足、今日ご紹介した「HUD搭載スマートヘルメット」は8月1日に発表されました。
今後ますますIoT化が進んでいく中で、JDIが開発するさまざまな「最新ディスプレイ」の展開から目が離せなそうです。今後も適時ご紹介して参りたいと思います。

■参考サイト:株式会社ジャパンディスプレイ ニュースリリース
<JDI Future Trip Project>
□世界トップシェアの車載用ヘッドアップディスプレイを応用し、新市場に参入を検討
新しい世界が広がる「HUD搭載スマートヘルメット」を開発
http://www.j-display.com/news/2018/20180801_02.html

□世界初、高透過 透明カラーディスプレイをヘルメットに装着
アジア最高峰のスーパーフォーミュラに参戦する「DANDELION RACING」と連携
究極の走行パフォーマンスを実現
http://www.j-display.com/news/2018/20180801_05.html

□JDI Future Trip Project
2020年には、次世代通信システム5Gの商用化がはじまり、毎日の生活でふれる機器すべてのIoT化がすすみます。JDIは、今回新たに企業理念を「今までにない発想と、限りない技術の追求をもって、人々が躍動する世界を想像し続ける」と定め、マーケティング・イノベーションを推進する組織体を2018年4月に発足し、中小型液晶ディスプレイ世界シェアNo.1のJDIが持つ技術力を駆使した新たなコトづくりを進めています。JDIでは「JDI Future Trip Project」として、未来の新しい体験を作り出していきます。
https://jditrip.net

ページトップへ